ジャズ ドラマー ドラムソロ

気になるジャズの音源、気になるドラマー、気になるドラムソロについて書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロイ・へインズ

今日は寒かったすな~。いやあ、寒かった。

といっても、ブログは全国、全世界の人が見てくれるから、ひょっとしたら、
「何言うてんねん。暑かったわ~。」って言う沖縄の人とか、
「ほんまや、今日はめっちゃ寒かったな~。」って言う北海道の人とか、
「そんなことより、何で昨日七回に六点も取るねん~。」って怒ってる台湾の人とか
いろいろおるんかな?と思ったけど、とりあえず全員大阪弁ではないはず。

そんな事より、

このブログがFC2のブログランキング
ジャズランキングで2位


になりました。
やった~♪みなさんのおかげです♪ありがとう♪

これからもどんどん書きますので、応援してくださいな。
ということで、

このブログがおもしろかったり、役立ったと思った方
           このマークをぽちっとクリックしてください♪

お願いします~♪


という事で、今回のテーマはロイ・へインズ

ロイへインズと言えば、1925年3月13日生まれ。
という事は現在82歳。現役ドラマー。
もうこれだけで、やばいです。普通におじいちゃんやん。
でも、すごいお洒落で、叩き方やプレイスタイルもやんちゃそのもの、
一言で言うと、ヤンキー。いや、それすら生ぬるい。

番長。

昔はエルビン・ジョーンズがテープレコーダーを持って、ロイ・へインズのライブを見に来ていたらしい。すごい番長
そんなロイへインズのすごいところと言えば、昔から現在まで、50年くらい、ずっと超一流な所。

共演者はチャーリー・パーカー、バド・パウエル、セロニアス・モンク、サラ・ヴォーン、チック・コリア、パット・メセニーなどなど超一流のレジェンドばかり。


ロイへインズの音楽的特徴

・シンバルレガートが定型パターンで無い場合が多い。
・タムが多い。
・ソロでタムを多様する。
・でもバスドラは小さい。
・スネアの音がクリスピー。
・シンバルがハンドハンマードではなく、マシンハンマードのものを好んで使っている。
などなど

という事で僕の意見をまとめると、ロイへインズは彼の同世代のドラマーと比べて、感覚が非常に新しかった。
格好もお洒落。新しいもの好き。好奇心旺盛。なんでもやってみる。
みたいな彼の性格が50年に渡り、
第一線で活躍できた理由かな?と僕は分析してみた。

という事で、お勧め作品
バド・パウエルへの追想~ライヴバド・パウエルへの追想~ライヴ
チック・コリア&フレンズ

商品詳細を見る


ロイ・ヘインズ(dr)チック・コリア(p)ウォレス・ルーニー(tp)クリスチャン・マクブライド(b)ケニー・ギャレット(s) ジョシュア・レッドマン(s)

日本と外国の2本のライブを一本にまとめた、7曲入りのDVD。90分くらいかな?
サックスは第一部がケニー・ギャレットで、第二部がジョシュア・レッドマン。

この内容で2300円は安い。
でも、僕は借りました。今値段知った。安いなあ。

さて、内容は全員での演奏あり、ピアノトリオあり、サックス・ピアノ・ベースのトリオあり、ゲストボーカルあり、なかなかバラエティーにとんだ内容。

ロイ・へインズは、いつもの通り。ロイ・へインズ。


印象に残ったことは
・ベースソロで、ハイハットを右手で刻みながら、左手でハイハットをクローズリムショットするように叩いていた。
・ソロでタムを多様する。フロアタムが二つあり、フロアタムの二つ目の使い方がかっこよい。
・叩き方がやたらと腕をふりあげるので、かっこよい。
・終始、キックペダルのビーターが動きまくっている。(めちゃくちゃ理にかなった、足の動かし方をしてるはず。)
身体のことや、手の動きとかそんなことは、一切気にしていない
一切躊躇しない。
・あきらかに70代の動きや演奏ではない
顔がボビーに似ている。
縦横無尽だ。
かっこいい
すごい
ヤバい

あまり関係ない話だが、DVDはCDを聴くより聴覚と視覚の両方を使うからか、やっぱり印象に残りやすくていいなって思った。
ライブやったら、DVDにさらに会場の空気とか音を身体で感じるから、余計いいんやろうね。
生で見てみたいな。番長 ロイへインズ。

P.S ROY HAYNESとLOUIS HAYESを間違えるんじゃねえぜ。


このブログがおもしろかったり、役立ったと思った方
           このマークをぽちっとクリックしてください♪


スポンサーサイト

コメント

のんたいとる。。

 ロイの演奏ですぐ頭に浮かぶのはコルトレーンのライブ盤、「ニューポート63」(又はセルフレスネス)です。。ロイよりはエルビン派なのですが、、、煽りまくり叩きまくりが凄くて、、、あの細かいのがいいですね。。
 あと私が驚いたのが、、、(ご存知かどうかわかりませんが)パットメセニーの「クエスチョン&アンサー」(デイブホランドとのトリオ盤)なんですが、、、ヤラレマシタ!!(未だに聴いても凄いです。。)

☆ いやぁ~、ロイヘインズとルイスヘイズ(又はルイヘイズ)を初めの頃、同一人物だと思っていました(笑、、、何故なんでしょう、、、。。)

ロイへインズ

コルトレーンのライブ盤は、聴いたことがなかったです。エルビンが入院してる時の代役でロイへインズやったんですね~。是非聴いてみたいと思います♪

パットメセニーの方は持ってます。最近のロイへインズってかんじでかっこいいですよね。聴いたらすぐにロイへインズって感じで、かっこいいっす。
ソーラーの出だしのソロからしてロイへインズ全開ですな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drumride.blog26.fc2.com/tb.php/9-1831de40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

DRUM 教則本

amazon 検索

JAZZ CD

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。