ジャズ ドラマー ドラムソロ

気になるジャズの音源、気になるドラマー、気になるドラムソロについて書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラシ

昨日は僕の住んでいるところに久しぶりに雪が降って、積もっていました。
白いポストなので、ポストの上に雪が積もって、ポストが2倍くらいに大きくなってました♪
いや、1.5倍くらいかな?やっぱり2倍?どっちでもええわ。

そんなこんなで、久しぶりに雪が積もってるのを見ると、テンションがあがりますね♪
いつも降っている場所の人はそんな気持ちにはやっぱりならんのかな?


って事で、今回はブラシについてです。(全然関係ない)

ジャズドラムにおいて、ブラシはすごく良くつかいますね。
頻度にしたら、曲や人にもよりますが、半々くらいかな?

使い所もこれと言って、決まっている訳ではないので、いろんな音楽を聴いてみましょう。
でも、この説明じゃ寂しいので、僕が思うブラシの使い所をまとめてみます。

1.バラード
これは、やっぱりブラシが王道やし、やりやすいですね。
もちろんスティックでもやる事もあるし、バラードの定義もあいまいですが。
ざっくりとバラード。

2.テーマ
曲のテーマをブラシで演奏して、ソロからスティックに持ち帰るとかよくやりますね。
もちろん、そのままブラシで演奏するときもあります。
テーマをブラシでやって、テーマの最後にブレイクして、そのままスティックに持ち替えて、1拍目にシンバルをパーンといくと、これだけでかっこいいすね。

3.ベースソロ
やっぱりベースは音が小さいし、ベースソロの後ろでめいっぱいの音で演奏すると、ベーシストがかわいそうやし、音楽的にも「?」って感じなりますね。だけど、小さい音で叩くのは、難しい。そんなときにブラシに持ち帰るとすっきりした感じになりますね。
もちろん、ベースソロのバッキングがすべて小音量って事はないし、スティックでバシバシいった方がかっこいい時もあります。ブラシで全編大音量で叩く事もあるかもしれません。

要するにケースバイケースという事です。ブラシに特に決まったルールはありません。

いろんなCDを聴いて、いっぱい盗みましょう♪


最後に、僕が思うブラシを演奏する上での注意点  
  
1.ブラシは音が小さいので、雑に演奏してしまいがちなので、スティックと同じように丁寧に演奏する。
2.ブラシはスティックよりリバウンドが跳ね返りにくいので、スティックより多めに指でリバウンドさせる。

ってな事を、僕は個人的に心掛けてます。

次回はブラシの演奏法について書こうと思います。



このブログがおもしろかったり、役立ったと思った方
           このマークをぽちっとクリックしてください♪




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drumride.blog26.fc2.com/tb.php/16-50fb99e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

DRUM 教則本

amazon 検索

JAZZ CD

カレンダー

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。