ジャズ ドラマー ドラムソロ

気になるジャズの音源、気になるドラマー、気になるドラムソロについて書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アート・ブレイキー 2

みなさんこんばんわ。

今日はこの間の続き、アート・ブレイキーについてっす。
最近は冷える日が続くので、みんなでアート・ブレイキーの演奏を聴いて熱くなろう~♪

アート・ブレイキーはその昔、「バードランドの夜」を録音した頃、
マイルス・デイヴィスがアート・ブレイキーの事を「あいつの感覚は新しい。」と吹聴していたので、周りのミュージシャンから注目され、それを聴いたドラマーのマックス・ローチがバードランドのライブを見に行ったらしい。

それを見て、

マックス・ローチは

「ビートが細分化されていて、私が試行錯誤している事をほぼ完成させていた。」

と言っている。かなり刺激も受けたとか。


ポール・モチアンは

「タイム感が異常にするどい。だから一番コピーしにくい。オーソドックスと思われているが、彼ほどイノベイティブなドラマーはいなかった。研究を怠らず死ぬまでそれを続けた。」

と言っている。


こんな話を聴くと、アート・ブレイキーやっぱりすげえねんな~。と思いますな。

そんなアート・ブレイキーについて書いてある本をご紹介♪

「ART BLAKEY`S JAZZ MESSAGES」


Art Blakey's Jazz MessagesArt Blakey\'s Jazz Messages
(1994/12/12)
John Ramsay

商品詳細を見る


ジャズドラム初心者から上級者まで、参考になる中身でオーソドックスな事から、マニアックなことまで、幅広いです。
ちなみにCDもついとります。演奏はアート・ブレイキーではなく、この本の作者だと思われるが、かなり上手いっす。


気になる中身の内容は

1.TIMEKEEPING LICKS
リズムパターンの例や、曲のパターンのコピー譜など

2,TIMEKEEPING TRANSCRIPTIONS
曲の1コーラスコピー譜など

3.SOLO LICKS
4バースソロや8バースソロなど

4.SOLO TRANSCRIPTIONS
1コーラスソロなど

5.INTERVIEW
歴代共演者などのインタビュー


などなどです。


ちなみに、日本版ではなく、輸入版なので全て英語です。
インタビューなどは頑張って訳して読まなければなりませんが、
楽譜や音楽の部分はCDもあるし、英語が出来なくても、ほぼ問題なしっす。

本のタイトルは、
「ART BLAKEY`S JAZZ MESSAGES」
だけど、JAZZ MESSANGERSだけの内容ではなく、セロニアス・モンクやハンク・モブレーの音源からもコピー譜がありますよ。

この本を見て、アート・ブレイキーのCDを聴いて、ドラムを頑張って練習して、
口をでっかく開けながら、ロールを叩けば、君も僕もアート・ブレイキー♪


僕も頑張るぞ~♪



このブログがおもしろかったり、役立ったと思った方
           このマークをぽちっとクリックしてください♪

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drumride.blog26.fc2.com/tb.php/15-de911815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

DRUM 教則本

amazon 検索

JAZZ CD

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。