ジャズ ドラマー ドラムソロ

気になるジャズの音源、気になるドラマー、気になるドラムソロについて書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ST.THOMAS 2

みなさんこんばんわ~。

今回は前回の続き、ST.THOMASの別バージョンをご紹介。


アルフィーアルフィー

マンハッタン・トリニティ

商品詳細を見る


サイラス・チェスナット(p)ジョージ・ムラーツ(b)ルイス・ナッシュ(dr)


マンハッタン・トリニティーのアルバム、アルフィーに入っている、ST.THOMAS。

ソニー・ロリンズのバージョンと比較して、まず違う所はリズムが16ビート。

しょっぱなから、クリアでタイトなルイス・ナッシュのドラミングにぶっ飛びまくり。
ハイハットの16分の刻みのかっこよさが驚異的で彼のテクニックは半端ではない。テンポ128くらいのなか、32分とか織り交ぜてます。
最初に聞いたとき、なんでこんなに上手いんじゃ~。ってなったもんです。

実は、僕が一番好きなドラマーはルイス・ナッシュであります。

だけど、世の中的には、地味だとか、小気味よいとかそういう評判なんですな。
確かに、CDなんかでルイスの音を聴くと洗練されていて、きれいで、雑さがない感じなので、そういう印象を受ける事もある。
が、手数は少なくないし、ライブで見ると、音も大きいし、すごい迫力。

なのにみんなの評価は地味

ということで、それが何故か検証してみた。

題して、

人は何をもって、派手と言う。

まず、僕が思う派手な人を挙げてみると、

アート・ブレイキー
エルビン・ジョーンズ
トニー・ウィリアムス


エルビン、トニーは手数も多いし、リズム的にも複雑で入りくんでいる事も多いので、ドラマー的視点から見ても、確かに派手ですな。

では、アート・ブレイキーはなぜ派手なのか?彼のドラミングを楽譜に採譜しても、結構繰り返しが多くて、一見楽譜を見ても地味に感じて、フレーズだけなら地味なはず。
でも、CDを聴くと明らかに派手。

音量とか、演奏の荒ら荒らしさとか、いろいろあるんだろうけども、

結論

演奏が派手かどうかは、その人のもともと持っている、人間性である。

アート・ブレイキー、エルビン・ジョーンズ、トニー・ウィリアムスはきっと人間が派手なんですね。(知らんけど)

って事で、みなさんも、これからは

トニーとかみたいに、派手だと言われたい派は、居酒屋で、
「ウォッカ、ピッチャーで持って来い。」って葉巻銜えながら言う。

ルイスとかみたいに、地味って言われたい派は、居酒屋で、
「お酒飲まないんで、するめを百枚下さい。」って、言う。

そうしたら、演奏もそうなるはずだ~♪



しょうもない事ばかり書いたけれど、実際は全員すごいし、大好きです。

ルイス・ナッシュみなさん、ぜひ聴いてみよう。音楽してまっせ。


このブログがおもしろかったり、役立ったと思った方
           このマークをぽちっとクリックしてください♪


スポンサーサイト

コメント

のんたいとる。。

ルイスナッシュ、、、ブランフォードマルサリスの「ランダム・アブストラクト」は、派手に叩いていて驚かされましたよ!!

色々好きなドラマーだらけなんですが(笑)、、、地味というかアートテイラーの堅実さも好きなんです、、、。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drumride.blog26.fc2.com/tb.php/12-a11dee6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

DRUM 教則本

amazon 検索

JAZZ CD

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。