ジャズ ドラマー ドラムソロ

気になるジャズの音源、気になるドラマー、気になるドラムソロについて書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ST.THOMAS 2

みなさんこんばんわ~。

今回は前回の続き、ST.THOMASの別バージョンをご紹介。


アルフィーアルフィー

マンハッタン・トリニティ

商品詳細を見る


サイラス・チェスナット(p)ジョージ・ムラーツ(b)ルイス・ナッシュ(dr)


マンハッタン・トリニティーのアルバム、アルフィーに入っている、ST.THOMAS。

ソニー・ロリンズのバージョンと比較して、まず違う所はリズムが16ビート。

しょっぱなから、クリアでタイトなルイス・ナッシュのドラミングにぶっ飛びまくり。
ハイハットの16分の刻みのかっこよさが驚異的で彼のテクニックは半端ではない。テンポ128くらいのなか、32分とか織り交ぜてます。
最初に聞いたとき、なんでこんなに上手いんじゃ~。ってなったもんです。

実は、僕が一番好きなドラマーはルイス・ナッシュであります。

だけど、世の中的には、地味だとか、小気味よいとかそういう評判なんですな。
確かに、CDなんかでルイスの音を聴くと洗練されていて、きれいで、雑さがない感じなので、そういう印象を受ける事もある。
が、手数は少なくないし、ライブで見ると、音も大きいし、すごい迫力。

なのにみんなの評価は地味

ということで、それが何故か検証してみた。

題して、

人は何をもって、派手と言う。

まず、僕が思う派手な人を挙げてみると、

アート・ブレイキー
エルビン・ジョーンズ
トニー・ウィリアムス


エルビン、トニーは手数も多いし、リズム的にも複雑で入りくんでいる事も多いので、ドラマー的視点から見ても、確かに派手ですな。

では、アート・ブレイキーはなぜ派手なのか?彼のドラミングを楽譜に採譜しても、結構繰り返しが多くて、一見楽譜を見ても地味に感じて、フレーズだけなら地味なはず。
でも、CDを聴くと明らかに派手。

音量とか、演奏の荒ら荒らしさとか、いろいろあるんだろうけども、

結論

演奏が派手かどうかは、その人のもともと持っている、人間性である。

アート・ブレイキー、エルビン・ジョーンズ、トニー・ウィリアムスはきっと人間が派手なんですね。(知らんけど)

って事で、みなさんも、これからは

トニーとかみたいに、派手だと言われたい派は、居酒屋で、
「ウォッカ、ピッチャーで持って来い。」って葉巻銜えながら言う。

ルイスとかみたいに、地味って言われたい派は、居酒屋で、
「お酒飲まないんで、するめを百枚下さい。」って、言う。

そうしたら、演奏もそうなるはずだ~♪



しょうもない事ばかり書いたけれど、実際は全員すごいし、大好きです。

ルイス・ナッシュみなさん、ぜひ聴いてみよう。音楽してまっせ。


このブログがおもしろかったり、役立ったと思った方
           このマークをぽちっとクリックしてください♪


スポンサーサイト

ST.THOMAS

この間、電車に乗っていたら、70代くらいのおばちゃんが二人で話をしていて、一人のおばちゃんがもう一人のおばちゃんに、

「私、冬に外に出かける時は暖かい格好で出かけないと、すぐ風邪ひくからかわいい格好したいのに、冬は全然かわいい格好でけへんわ~。」

と、残念そうに、終始鼻声で鼻をすすりながら話してたので、暖かくしてその状態やったら

いっその事、

「かわいい格好して。」

と、思いましたとさ。

みなさん風邪には気をつけよう。
風邪は人の感覚まで狂わせるぞ~。


という事で、今回のテーマは、ST.THOMASだ~。(全然季節感なし)

ST,THOMASと言えば、ソニー・ロリンズ作曲で明るく陽気な一度聴いたら忘れられないインパクトのあるメロディーと、カリプソのリズムが特徴。

ST.THOMASの曲名の由来は、ロリンズの母方の出身地ヴァージン諸島の島の名前なんですって。

作曲者のソニー・ロリンズは、今も現役のテナーサックス奏者で、もはやジャズレジェンド
どのくらいレジェンドかと言うと、

1950年、マイルス・デイヴィスと出会う。マイルスは当時のロリンズに関して、「既に伝説的で、多くの若いミュージシャンにとっては神様みたいな存在だった。バード(チャーリー・パーカー)と同じようなレベルでサックスを吹いていると言う連中もいた」と証言している。

らしいっす。

作曲した曲も、他にもたくさんあり、「オレオ」、「エアジン」、「ドキシー」などなど。
とにかく、すごい人な訳です。


ということで、そのソニー・ロリンズのST.THOMASが入っているアルバム

Saxophone Colossus

Saxophone ColossusSaxophone Colossus

Sonny Rollins

商品詳細を見る


ソニー・ロリンズ (ts)トミー・フラナガン (p)ダグ・ワトキンス (b)マックス・ローチ (ds)

この曲を聴いて気になるポイントは、ドラマー的にはマックス・ローチのカリプソのリズムですな。

バスドラムとハイハットでドチドチしながら、スネアのスナッピーを外して、左手でクローズドリムショット、右手でスネアとフロアタムを行ったり来たりするパターンを繰り返しとります。

そのパターンの間に、左手でスネアをミュートしながら、右手だけでフィルいれたりしてますな。
0:54くらいの音がそれっす。

全編にわたって、ドラムがかなり重要なポイントを締めてる感じで、

マックス・ローチのマックス・ローチらしさがマックス

ダジャレマックス。

みなさん、ぜひ一度ソニー・ロリンズでは無く、マックス・ローチ的視点からST.THOMASを聴いてみよう。

新発見があるかもしれないし、ないかもしれない。

ドラムマガジン2007年11月号でマックス・ローチ特集もしてあったので、気になる人もそっちも見てみてね。


マックス・ローチが2007年8月15日に亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。



このブログがおもしろかったり、役立ったと思った方
           このマークをぽちっとクリックしてください♪



SATIN DOLL

みなさん、こんばんわ。

昨日、トムとジェリーを生まれて初めてじっくり見たら、いやあ面白かった~♪
見ていたら、すごい想像力が豊かになる感じで、小さい子に見せても絶対喜ぶはず。まさに老若男女見ても楽しめる感じでおすすめっす。
よくできてるアニメですな。名作

僕の感想は、

・全然時代を感じさせない。
・わかっていても面白い。
・ベタだ。
・たのしい。
・すごい面白い。
・良いものはいつまで経っても良い。

と言うところで、スタンダードジャズと通ずる所がとってもたくさんありまする。

ぜひ皆さんも見てみてね。


最近はドラムやドラマーよりの記事が多かったので、今回はジャズスタンダードの曲を紹介。

そういえばトムとジェリーのトムはトーマスって名前なんですな。

という事で今回はセントトーマス
と見せかけて、

サテンドール

です。

サテンドールは1コーラスが32小節で、形式がAABA。
形式って言うのは、Aメロ、Bメロ、Cメロ、サビとかが、どういう風に構成されてるかって事ですな。フォームとも言いますね~。
この場合はAABAで、AメロとBメロしかないから、Bがサビって事っす。

Aメロ8小節→Aメロ8小節→Bメロ8小節→Aメロ8小節 で1コーラス。

セッションでは、こういう1コーラスの概念がすごい大事になってくるので、みんなで頑張って曲のフォームを覚えよう♪


ということで、曲紹介
まずは1曲目、レッド・ガーランド

Red Garland at the PreludeRed Garland at the Prelude
(2006/02/14)
Red Garland

商品詳細を見る


レッド・ガーランド(p)ジミー・ロウサー(b)スペックス・ライト(dr)

このバージョンは僕がイメージする、サテンドールって感じ。
アレンジや展開がきれいで無駄がなく、飽きない感じで、非常によろしいな。
レッド・ガーランドもいつもの感じで、小気味がよろしいな。

あと、ドラマーのスペックス・ライトは60年代くらいで早くに亡くなっちゃったみたいで、参加作品は少なくて、他にはレイ・ブライアントくらいしか知らないけれど、ブラシの名手って感じで、いい雰囲気で、なかなか小気味がよろしいな。
エド・シグペンとちょっと似てるかな?



次、2曲目はアーネスティン・アンダーソン

SunshineSunshine
(1992/01/01)
Ernestine Anderson

商品詳細を見る


アーネスティン・アンダーソン(vo)モンティ・アレキサンダー(p)レイ・ブラウン(b)ジェフ・ハミルトン(dr)

これもかっこいい。アーネスティン・アンダーソン歌うまいな~。
アレンジもしっかりしてて、レイ・ブラウン色が色濃くでてますな。

モンティー・アレキサンダーのピアノがコロコロしてて、いい感じ。


最後、3曲目はモンティー・アレキサンダー


Live! Montreux AlexanderLive! Montreux Alexander
(1990/10/25)
Monty Alexander

商品詳細を見る


モンティ・アレキサンダー(p)ジョン・クレイトン(b)ジェフ・ハミルトン(dr)

これのCDは、さっきのアーネスティン・アンダーソンのバックのピアノトリオのベーシストがレイ・ブラウンからジョン・クレイトンに入れ替わったメンバーで演奏していてライブ盤。
ボーカルありとボーカルなしで、どう変わるかも聴きどころすな。

このバージョンはとにかくかっこいい。ノリがよい。やばいです。
ライブ盤の醍醐味が満載。

出だしからして、もっていかれてしまう。
ピアノとベースの掛け合いから、テーマに入ってのキメ。

かっこいい~♪

リフや倍テンやドラムソロ、いろいろ盛りだくさん。

そして最後は1回終わったかと思ったら、もう一度始まる。
おお~。ってなりまっせ。

ちなみに全員アフロみたいな髪型。おお~。


ということで今回はサテンドール特集でした。
みなさんのお勧めサテンドールがあれば教えてくださいね~♪


このブログがおもしろかったり、役立ったと思った方
           このマークをぽちっとクリックしてください♪


枯葉

今日はこの秋一番の冷え込みでとっても寒かった。これから冬に近づいていく中でぴったりな曲。
と言うことで、今日のテーマはジャズのスタンダードナンバーのAUTUMN LEAVES。
邦題は枯葉。

ジャズのスタンダードナンバーでも、もっとも有名な曲の一曲である。よくセッションでもやるので、僕が一番初めに知ったスタンダードの曲だ。ついこの間のセッションでも演奏した。

もともとはアメリカの曲ではなく、フランスのシャンソンの曲である。そう言われたら、なんとなくそうかな?って思ってしまう。

いろいろなアレンジで演奏するし、いろいろな人が演奏している曲なので、CDを買ったら1曲は枯葉が入ってるんじゃないか?ってくらいだ。(明らかに言いすぎ)
ちなみに調べたら。僕は50バージョン持っていた。自分でもびっくり。

そんな中から勝手に、

枯葉お勧めセレクション

まずは、
一曲目 ウィントン・ケリー 
Full ViewFull View
(1996/11/05)
Wynton Kelly

商品詳細を見る

ウィントン・ケリー(p)ロン・マクルーア(b)ジミー・コブ(dr)

このバージョンが、僕が一番最初に聞いた,枯葉。
印象はとてもアレンジが練られていて、展開、構成、長さ、雰囲気など
どれも、お洒落って感じ。今聞くと全体的に控えめかな?とも思うけど
すばらしいのに間違いは無い。
特にピアノソロの2コーラス目に行く所とか、かっこええ~。

イメージは、まだそんなに深くない秋に、昔の恋人同士が街の中ですれ違う。みたいな感じかな?11月よりは10月に。


2曲目 ビル・エバンス 
Portrait in JazzPortrait in Jazz
(1991/07/01)
Bill Evans Trio

商品詳細を見る


ビル・エバンス(P)スコット・ラファロ(b)ポール・モチアン(dr)

これもピアノトリオの演奏。こっちの方が有名かな?
イントロからして、凄いキメでかっこいい。

ウィントン・ケリーの枯葉が三人で一つの方向を向いて進んでる演奏としたら、ビル・エバンスの枯葉は三人がバラバラの方を向いてる感じ。
実際は全然バラバラじゃないんやけど。一見、そんな風に思わせるあたりが、この演奏のかっこいいとこなんかな?

スコット・ラファロとかポールモチアンとか、その時代の先輩とかに「お前らがやってるのはジャズじゃないんだよ~。」とかいっぱい言われてた気がする。知らんけど。

ポール・モチアンは分かりにくいという印象だが、とりあえずこいつは凄いドラマーやなとは思う。もっとじっくり聴いてみる価値のあるドラマーである。
ちなみに今はスキンヘッドで、よく映画に出てきそうな頭のおかしい心理学者みたいな風貌だ(イメージ)


3曲目 エディ・ヒギンズ・トリオ 
魅惑のとりこ魅惑のとりこ
(2001/04/25)
エディ・ヒギンズ・トリオ

商品詳細を見る

エディ・ヒギンズ(p)ジェイ・レオンハート(b)ジョー・アシオーネ(ds)

このバージョンの気になる所は、何と言っても1分50秒あたりから始まるクラシックのような、ピアノソロだ。
もともとジャズを聞き出す前は、ハードロックとかヘビーメタルを好き好んで聴いている時期があったので、ああいうなんとなくクラシカルみたいな雰囲気はとても気になる。

全体的にクラシカルな印象なので、ヨーロッパぽい印象がある。それにセクシーでエッチな雰囲気もあるので、エディ・ヒギンズはどんなエロそうなおっさんや?と思ったら、すごい優しそうなおじいちゃんだった。
見に行った事もあるが、ピアノもうまくてかっこよかった。

あとベースのジェイ・レオンハートのベースの音はだいたい大きい。


最後に4曲目 キャノンボール・アダレイ  
Somethin' ElseSomethin' Else
(1999/03/09)
Cannonball Adderley

商品詳細を見る

キャノンボール・アダレイ(as)マイルス・デイビス(tp)ハンク・ジョーンズ(p)サム・ジョーンズ(b)アート・ブレーキー(dr)

これは、非常に有名でしかも名演。メンバーもメジャーな人ばかり。
みんなが良いと言うのも納得である。

キャノンボールの名義だが、実際にイニシアチブを握っていたのマイルスらしい。

まず、イントロからしてかっこいい。ピアノとベースで始まり、トランペットが入り、また抜けて、その後トランペットの枯れた音でテーマが始まる。

まさに、枯葉。

それから、一通りサックス、トランペット、ピアノとソロが回り、またトランペットのテーマに戻り、最後のCメロの部分でトランペットからピアノに変わるところがまたかっこいい。

それからアウトロに入って終わり。

この間、ドラマーのアートブレイキーはフィルなど、ほとんど変わったことをしていない。
このアレンジには必要ないってことなのか?恐るべしアートブレイキー。

このバージョンは、本当に秋が終わりかけの頃、11月30日くらいにロングコートの男が枯葉の舞う中歩いているみたいなイメージ。

ということで、

勝手に、今週は枯葉愛聴週間。
みんな、この時期に枯葉を聴こう~。



 FC2ブログランキングに参加しています♪
           ぽちっとよろしくどうぞ~

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

DRUM 教則本

amazon 検索

JAZZ CD

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。