ジャズ ドラマー ドラムソロ

気になるジャズの音源、気になるドラマー、気になるドラムソロについて書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC

こんにちわ。最近暖かったですが、今日は少し寒いですね。

今回はYOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC について書きます。
作詞 ハワード・ディーツ
作曲 アーサー・シュワルツ

哀愁を帯びたメロディーで切なくて物悲しい感じの曲です。

でも歌詞の内容は、
「夜、音楽が流れる場所で、あなたがわたしのそばにいてくくれば、二人の恋はどんどん盛り上がるでしょう。」という事で、哀愁を帯びた曲ですが,ふられて悲しいみたいな内容ではないようです。(ダジャレではないです。)

曲の構成はオーソドックスなAABAで32小説です。


ロン・カーターのTHE BASS AND I と言うアルバムに入っている、この曲のテーマ部のドラミングを分析します。


ベース・アンド・アイベース・アンド・アイ
(1997/05/21)
ロン・カーター

商品詳細を見る



RON CARTER (B)
STEPHEN SCOTT (P)
LEWIS NASH (DR)
STEVE KROON (PER)


ドラマーはルイスナッシュで、このアルバムにはパーカッションも入っています。曲のテンポは230位です。

下にこの曲のテーマ部のドラム譜があります。
クリックしてもらうと拡大します。

img899.jpg

それでは、始めます。

イントロが8小節あり、キメが6小節続いたあと、最後の2小節はハイハットでテーマの2ビートへの、導入のフィルをしています。
キメ部分の4小節目と5小節目の1発目のシンバルは軽くクラッシュさせていますね。
5小節めの1拍目のスネアには装飾音符をつけてます。

テーマに入ると、Aメロはハイハットで2ビート、Bメロはライドで4ビートにしています。これはオーソドックスなやりくちです。

最初のAメロはシンプルにハイハットを刻んでいます。最後の2小節で崩して、フィルをいれています。

次のAメロは最初のAメロとは、少し違い4小節目でハイハットを崩したフィルを入れ、最初のAメロと差別化していますね。
最後から2小節のフィルはBメロの4ビートに向かうフィルです。ハイハットが実にかっこいい。ここで、テーマに入って初めてスネアが出てきます。2発叩くだけで完全に次が4ビートだよ~♪って感じですな。

Bメロ、サビの事ですね。シンプルにライドと少しスネアのバッキングで演奏しています。
最後の8小節目のフィルがナイスですね。スネア2発とタムを1発しかたたいてませんが、これしかないって感じすね~。3拍目で止まります。僕には無理です。実に粋ですね。
ルイスナッシュはひょっとすると江戸っ子なんじゃないでしょうか?違いますね。違います。

そして、最後のAメロは、最初のAメロと同じ手口ですね。でも、次がソロにつながるので、最後にブレイクするため、最後の処理が違います。
最後の2小節は2分音符でキメですが、最後の小節の1拍目はルイスは叩きません。僕には無理です。実に粋ですね。
ルイスナッシュはひょっとすると・・・?違いますね。違います。
最後のライドの3打も粋です。

と言うことで、曲の構成がAABAの場合は、同じAメロでも、最初のAと最後のAは位置づけが似ていますが、2回目のAメロは次がサビの為に少し意味合いが違うと言う感じです。ケースバイケースですが、そういう事が多い気がします。

今回、採譜してみて思ったのは、決してテクニック的に難しい事をしなくても、然るべき場所で然るべき事をすれば、とってもかっこよくとっても音楽的なんだ。ってことを再認識しました。これってすごい重要ですよね。

コピーって本当にすばらしいですね。
 
さよならさよならさよなら
スポンサーサイト

トニーウィリアムス 2

みなさんこんばんわ。

この間、トニーウィリアムスが幼少の頃におこなっていた練習というのを発見したので、今回はその事について書こうと思います。

この練習は、ジャズスタンダードの曲のフォームがAABAで32小節の曲に合わせてやります。


AABAなんでTAKE THE ‘A` TRAINとかですね。


まず、最初のAの8小節は、4分音符でバスドラムを踏みます。

次に、2つ目のAの8小節は、4分音符でバスドラムを踏みながら、2・4拍でハイハットを踏みます。

次のBは4分音符でバスドラムを踏みながら、2・4拍でハイハットを踏み、そこにシンバルレガートを加えます。それプラス最初の4小節は3拍目の裏にスネアを、後半4小節は3拍目の裏にバスドラムをいれます。

最後のAの8小節は、2・4拍でハイハットを踏みながら、シンバルレガートを叩き、そこに、1拍目と2拍目の裏にバスドラム、3拍目の裏にスネアをいれます。

この1コーラスをセットにして、トニーウィリアムスは練習していたみたいです。

ちなみに僕も最近ウォーミングアップにこれを取り入れています♪

ただ叩くだけじゃなく、トニーみたい煌びやかな音でスイングしながらできるようになりたいですね。

トニーウィリアムス

いやあ、久し振りにブログを書きます。
ブラシの記事が去年のバレンタインデーなので、ほとんど一年振りです。

今日は
トニーウィリアムス
について書こうとおもいます。

トニーウィリアムスと言えば、超絶なテクと身体能力とものすごいタイム感ですね。
超アップテンポの中、シンバルレガートを5連打でいれたりします。それなのに、音は奇麗で、澄んでいて、ブリリアント。いったい何者なんでしょうか。

トニーは、早熟で若干17歳でマイルスのバンドで参加しています。
参加した頃は、年が若すぎてばれるとお店で演奏できなかったので、
少しでも、年がとって見えるように髭を生えさせられたとか。

この頃のマイルスバンドは、トニーのスピードにマイルスが対抗するようにどんどんテンポが上がっていったといいます。
しかも、マイルスに「もっと練習しろ。」って言ったらしいっす。


トニーウィリアムスのおおすめ盤

Four & MoreFour & More
(2005/03/15)
Miles Davis

商品詳細を見る


これは超メジャー盤です。
walkin`って言う曲とか、
アルバムwalkin`のヴァージョンに比べて、テンポが死ぬほど速くなってます。




Walkin`'Walkin'
(2006/06/13)
Miles Davis

商品詳細を見る


ちなみにこっちが遅い方です。
ドラマーはケニークラーク
この人もめちゃすごいです。
よかったら聴き比べてみてください。




ライヴ・アンダー・ザ・スカイ伝説ライヴ・アンダー・ザ・スカイ伝説
(2007/09/19)
V.S.O.P.ザ・クインテット

商品詳細を見る


これはマイルスのクインテットのトランペットがフレディハバードに替わった編成です。
フレディハバード亡くなりましたね。彼が作曲のup jumped spring好きです。

ちなみにvsopは「Very Special One-time Performance」の略らしいす。




Young at HeartYoung at Heart
(1997/03/03)
Tony Williams

商品詳細を見る


これはトニーが亡くなる直前です。
めちゃ洗練されてて、若い頃ともフュージョンみたいな時とも違い、かっこいいです。
このあとどうなるんだろう?って感じな時に亡くなっちゃいました。
ジャケットはちょっと嫌ですね。
マルグリューミラーも好きです。○グリューミラー

ってな感じでまた次回~♪





ブログ再開

気づけば三ヶ月もブログ書くのを、休んでいたけど、そろそろブログ再開しようと思います。
やめてたつもりはないのだけれど、気づけば三ヶ月。
こんなに経ったのに、今もまだいろんな人がみにきてくれるのが、うれしいのでまた書こうと思います。

ブラシ 3

さて今日も前回に引き続き、ブラシについてです。

今回はブラシの特殊な奏法について、説明します。


1.ブラシの柄でシンバルを叩く
ブラシのワイヤーとは反対側についている、金属の柄の部分でシンバルを叩きます。
ワイヤーでは出にくいアクセントが着けれますね。
ブラシよっては金属部分がない物もあるので注意です。

2.ブラシの柄でシンバルを擦る
これはブラシの柄でシンバルをひっかく感じですね。
バラードのアクセントや曲の終わりなんかで使えますな♪

3.ブラシの持ち手のゴムの部分で叩く
これはマレットみたいな効果がだせますね。
どんな感じかと言うと、シュワァァァァって感じかな?
シンバルロールをするような感じです。

4.ブラシでシンバルをはさんで揺らす
これもシュワァァァァって感じすな

5.空中の何も無い所でブラシをおもいっきり振る
これはルイス・ナッシュがライブで良くやってますな
時と場合を選ばないと全く聞こえません。
ルイスは長いソロの終盤でよくやってます。

6.リムの上でブラシを転がす
パタパタパタって感じでリズム良くやれば、ソロでも上手く使える感じでエド・シグペンとかジェフ・ハミルトンとか凄くかっこよくやってます♪


特殊な奏法はいろいろありますが、説明しやすい物はこんな感じかな?
後はいろんな人の映像を見ると、凄いわかりやすいと思います。
文章じゃなかなか想像しにくいですもんね。

とりあえず、これを読んでライドやスネアで遊びでやってみましょう♪

僕もマスター出来るようがんばります♪

ブラシ全般に言えることは、音よりも動きにとらわれがちですが、実際は出てる音が重要なので、そこを忘れないようにしたいと僕は思っております。

しまった~。全編まじめに書いてしまった。


このブログがおもしろかったり、役立ったと思った方
           このマークをぽちっとクリックしてください♪







 | HOME |  »

FC2Ad

カテゴリー

DRUM 教則本

amazon 検索

JAZZ CD

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。